トップ / 学校で病気が流行る訳

学校で流行りやすい伝染病

学校は集団生活の場であるので、さまざまな伝染病が流行りやすい場でもあります。流行りを防ぐためには患者となった生徒の出席を停止したり、学級閉鎖にしたりすることがあります。流行りやすい伝染病には、インフルエンザや百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水疱瘡、プール熱などがあり、それぞれに出席停止の期間が定められています。また、溶連菌感染症や手足口病、流行性嘔吐下痢症などは条件によって出席停止の措置がとられることがあります。予防方法としては普段から手洗いうがいを心がけたり、十分な栄養をとってよく眠ることが大切だと思います。学校で流行ると歯止めが効かないので、気をつけたいですね。

伝染病が起こるのはなぜ

学校ではさまざまな伝染病が起こりやすいと言われています。インフルエンザ、百日咳、麻疹、おたふくかぜ、風疹、水痘などが流行っているというニュースを見たという方も多くおられるのではないでしょうか。なぜ起こりやすいかですが、まず集団生活の場であるという事が大きな要因です。一人が感染した場合、様々な子どもと触れ合う場ですから一気に蔓延します。そして、子どもが家に菌を持ち帰ってしまうので更に広がっていきます。それだけでは会社などでも起こり得るのですが、特に子どもは免疫が弱いので病気にかかりやすいということや、重篤化が予想されるのでかなり気をつける必要があるのです。そのため、法律によって、伝染病になった児童は学校は必ず休まなければならず、また届け出を出さなければならなくなっているのです。

学校の思い出話の情報